シルバーアクセサリー(ラトヴィア マリッジリング)を磨く

今日は、ドイツ製の貴金属磨き( metal polishing cream WENOL)でシルバーリング(バルト3国ラトヴィアの伝統的マリッジリング)を磨いています!正式なマリッジリングはピンクゴールドが主流です、また12~18金の物もあります!

このリングには7つの飾りが付いていて、結婚式の1週間前に男性から女性に贈られます、受け取った女性は受け取った日から1個ずつ飾りを外していきます、そして飾りが無くなった翌日に結婚式がやって来ます!この素晴らしい伝統を題材にした物語、小説などが書かれ世界中に紹介されたのもずいぶん昔になります、、、、、、、、 この飾りに型押しされているデザインは一つ一つに意味があり北欧バイキングの神話に関係があるそうです。

このマリッジリングは北欧のラトヴィア以外の国のアンティークショップでもたまに見かけます、地域的に伝統でつながっているということもあるのでしょう、また人の行き来が盛んで、お引越しなども多いのでしょう、、?

この時期、湿度が高くてアクセサリー(貴金属)の輝きが鈍くなり曇ってきます、このドイツのクリームは良いですね♪ 注:貴金属磨きは使用前に必ず注意事項には目を通すように、使用できない素材もありますね!